中学部3年 インドネシア 2017.10.6

中学部3年 インドネシア 2017.10.6

10月6日(金)中学部3年 インドネシアレクチャー

 中学3年生に「インドネシア」レクチャーを行いました。これまでに学んだレクチャーの総まとめです。

 知っているようで実はよく知らない、今住んでいるインドネシアについて、国章の意味や国の成り立ちを通して、総合的に学べるようなレクチャーとしました。
また、間もなく始まる受験に向け、面接対策も兼ねた内容としました。レクチャー冒頭でQ&Aタイムを用意している事を告げると、どの顔も真剣そのもの。耳を傾けていました。

 まずは、インドネシアの印象について、先生も含め数名に尋ねました。中には受験生らしい回答もあり、笑いが起こりました。
 その後、パンチャシラ及びインドネシアの歴史(海のシルクロード・インドネシアの独立と日本・インドネシアの独立後から現在)の大きく4つに分けてレクチャーを行いました。
 国章ガルーダに隠された秘密や魔法の言葉「ビネガトウンガルイカ」やインドネシアの独立までの壮絶な歴史をわかりやすく説明しました。

 日本人学校の暴動の時の話では、先生が当時の様子を朗読して下さり、生徒達は真剣に聞き入っていました。日本人学校が毎年スンバコを渡してカリヤワンさん達に感謝を伝える理由、なぜ臨泊タオルを持っていくのかもわかりました。

 予告していたQ&Aタイムでは、皆さんほぼ正解でした。さすが受験生だけあり集中力が素晴らしかったです。

 展示では、インドネシアにまつわる4つのブースに分け、各自見学しました。普段なかなか実物を見る事がないビーズ製品やワヤン等に興味深々の様子でした。

c0242668_09302595.jpg
c0242668_09310400.jpg



[PR]
# by Heribou | 2017-10-26 09:33 | レクチャー

小学部2年 インドネシアのくだもの 2017.10.12



10月12日(木)小学部2年 インドネシアのくだもの

 10月12日、小学2年生に「インドネシアのくだもの」についてレクチャーを行いました。「見て、聞いて、触って、味わって」五感をフルに使って楽しんでもらう恒例のレクチャー。今年は、インドネシアらしいくだもの、18種類を取り上げました。

 まずは、バナナ。インドネシア語では・・? と、聞くと「ピサン!」と元気よく答える子供達。事前に、実がなっているバナナをカリヤワンさんに搬入して頂き、バナナの葉っぱ、茎、花の実物を一緒に見ていきました。子供達にとっても身近なバナナですが、実際どのように実ができるのか、またどんな種類があるのか(バナナは数百種類もあるんですよ!)、それから生で食べる以外の食べ方などを紹介しました。

 続いては、幹生果と呼ばれるくだもの群の紹介。ジャックフルーツやパパイヤ、ドリアンなどは、枝の先に実をつけるのではなく、幹にボコッと実ができます。南国らしいこの幹生果は街中でも見かける事ができますので、ぜひ探してみて下さいね。

 他にも、パイナップルの実のつけ方や、サラックの別名、マンゴスチンの不思議等を紹介して、最後は、ココヤシを使っての実演を行いました。若いココヤシからは、ジュースやプルプルのゼリーが取れます。また熟したココヤシからは、ココナッツミルクが取れる過程を紹介。子供達も真剣に見入っていました。

 そしてレクチャー後は、お待ちかねの試食タイム!今年は、ピサンゴレン、スターフルーツ、ドリアン、ルジャックを用意しました。ルジャックは、甘みの少ないフルーツと甘辛いタレを混ぜたフルーツサラダのようなもの。カキリマでもよく見かけますね。また、展示してあるくだものを、実際に手で持ってみたり、中身がどうなっているか観察してみたり、匂いを嗅いでみたり、たくさんのフルーツに触れてもらいました。

c0242668_11555125.jpg



c0242668_11584924.jpg


[PR]
# by Heribou | 2017-10-25 11:48 | レクチャー

小4ボゴール 2017.6.14

6月14日(水)小学部4年 ボゴール植物園

 「ボゴール植物園」は、小学部4年生向けのレクチャーです。
 ボゴール植物園遠足の事前学習として行いました。シンガポール建国の父トーマス・ラッフルズの夫人”オリビア・ラッフルズ”が案内役として登場。オリビア夫人が住んでいたボゴール宮殿とボゴール植物園の歴史について語り、その後、インドネシアの熱帯雨林の植物について超高木層、高木層、中木層、低木層の高さの違いで特徴がみられる事を話しました。

 熱帯雨林の植物は気候の中で、その環境に適応し、他の生物達ともつながりあって生きている事を説明。不思議な形をした飛ぶ種「フタバガキ」や「アルスミトラ」を先生に飛ばしてもらいました。

 後半は、オリビア夫人と一緒にボゴール植物園を案内。めずらしいお花「ラフレシア」や「スマトラオオコンニャク」の開花の動画を見てもらい、パーム油の生産が世界一位のインドネシアのヤシの木について説明しました。そして、ぜひ見てきて欲しい植物をおもしろいエピソードや実験、クイズを交えて楽しく説明しました。

 展示では、子供達は、種や実を手で触ったり、「アルスミトラ」の種を飛ばしたり、「オオオニバス」の実物大規模型の中に入って大きさに驚いた様子でした。

c0242668_11401340.jpg
c0242668_11411865.jpg

[PR]
# by Heribou | 2017-10-09 11:51 | レクチャー

小学部3年 わたしたちのまちジャカルタ 2017.6.7

 小学部3年生を対象に「わたしたちのまちジャカルタ」のレクチャーを行いました。
 ジャカルタのまちを、レクチャーを通して身近に感じ、その背景の歴史も含めた内容です。3年生になり社会科の授業が始まり、すでに校外学習「学校周り探検」で、学校の周りの建物を実際に見て回っているので、探検の内容もレクチャーに折り込みました。

 ファッションショーから始まりました。カリキュラムによって制服が変わるそうです。インドネシアの小学生の学校生活はどんな様子でしょう。宗教の授業がありますね。
学校から帰って、宿題をしてます。どこの国の小学生も同じですね。

 「カキリマ」の名前の意味もわかりました。聞いたことのある、カキリマの鳴らす音当てクイズでは、子供達は我先にと手をあげていました。
 
 ジャカルタでも日本と同じように電車が走っています。ジャカルタで走ってるほとんどの車両が違う国で使われなくなった電車の車両を走らせているそうです。MRTと言われる地下鉄工事も進んでいます。

 日本人学校の暴動の時のお話では、実際に暴動を経験した当時の3年生の感想文を読んでいる時の児童の顔は真剣でした。日本人学校が毎年、スンバコを渡して、カリワヤンさんたちに感謝を伝える理由もわかりました。

 展示では、ジャカルタのまちを5つに分けて、それぞれのまちのトピックを中継リレー方式で取り行いました。

c0242668_12265190.jpg








[PR]
# by Heribou | 2017-07-03 12:36 | レクチャー

コーヒーモーニング

5/24(水)セントラルスナヤンヘリテイジ本部にて、「あなたの好奇心を刺激する」をテーマに、ヘリテイジのイベントを開催しました。
インドネシアに興味の有る方や、まだインドネシアに来て間もない方々が集まり、博物館ガイド・スクールプログラムスでそれぞれの活動報告を含めたショートレクチャーを開催しました。

博物館ガイドは、新しく出来たジャカルタ国立博物館新館の説明や行き方、見所を紹介。
そして、ガイドによる聖なる剣「クリス」&世界最大級仏教寺院「ボルブドウール」のショートレクチャーをしました。
多くを吸収したい!
ヘリテイジの他の活動をもっと知りたい!
と声が上がるほど、皆さん真剣な眼差しがとても印象的でした。

スクールプログラムスは、中学3年生向けに作っているレクチャー「インドネシア」から抜粋した、
建国五原則 「パンチャシラ」をレクチャーしました。
現在国是としてこの国の目指す方針を示している「建国五原則 パンチャシラ」
大小合わせて、13000を超える島々からなる「世界最大の島諸国」インドネシアは、異なる言語を持ち各々独自の
文化的特徴や約300以上の民族が存在している国が現在に至るまでに、どんな魔法の言葉で統一したのか。
インドネシアの基本情報から建国五原則とは何か?
国章ガルーダに隠された秘密を細かくレクチャーしました。
ショートレクチャー後、インドネシアのお菓子やお茶を楽しみました。


c0242668_00074563.jpg
c0242668_00075600.jpg
c0242668_00075600.jpg
ヘリテイジスクール

[PR]
# by Heribou | 2017-06-14 10:34 | コーヒーモーニング